プロ野球レビュー中日vsヤクルト

プロ野球レビュー中日vsヤクルトに関する記事です。

 
2007/05/17(木)
プロ野球レビューです。今日も勝ちました。止まりません。明日からの巨人戦への弾みとしたいところです。
中日先発は、このところ好調の小笠原、ヤクルトは石井一久です。小笠原は、緩急をつけたピッチングで、コントロールもしっかりしていました。投げそこないになっても高めに行かないので、長打被弾にはならずにすみます。石井一久も、小笠原以上のナイスピッチングで、投手戦となりました。

勝ち運を呼ぶ森野



しかし4回裏、荒木がヒットで、今期11個目の盗塁を決めます。福留フォアボール、ウッズ三振のあと、勝ち運を呼び寄せる森野が、今日もタイムリー! 3試合連続先制点です。巨人戦以来、森野は目覚しい活躍です。

しかしこのあと、6回裏のツーアウト満塁のチャンスで中村ノリがサードゴロで、得点に結びつきません。
一方、6連敗中のヤクルトは、打線改造が上手くいってない模様です。チャンスを作るものの、クリーンナップが機能せず、結局零封で7連敗です。石井一久は、粘りの好投で、1500奪三振の記録を達成しますが、勝ち星を付けることはできませんでした。

巨人戦へ向けて


ヤクルトの貧打に助けられている感じはあるものの、なんとか中日らしい形ができつつあるように思います。あとはエラーを減らしてほしいものです。
参考リンク

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはプロ野球レビュー中日vsヤクルトに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog