プロ野球・中日ドラゴンズ、とうとう5連敗(あちゃ~)

プロ野球・中日ドラゴンズ、とうとう5連敗(あちゃ~)に関する記事です。

 
2007/05/01(火)
プロ野球中日ドラゴンズvs巨人4回戦(ナゴヤドーム)の試合感想です。

ゴールデンウィーク9連戦の真ん中、満員のナゴヤドームは、4点差を逆転されるという幕切れとなりました。
中日先発は山本昌、巨人は2年目プロ初先発の福田です。
山本昌の心理戦に長けた投球で、5回終了まで5-1と試合を優位に進めますが、石井と朝尾が巨人打線に捕まり、逆転されます。そのまま巨人の継投に逃げ切られ、ゲームセット。

中日ドラゴンズは今日の負けで貯金がゼロ。
一方の巨人は、これで通算4999勝です。
巨人5000勝は、どこで達成でしょうか?

さて、巨人が、つなぐ野球、機動力を生かす野球(盗塁がセリーグ1)、小笠原のような粘る打撃と、昨シーズンまでの中日のような戦いかたをする一方、中日は、かつての巨人のような1発屋に頼るような、つながりのない打線になっています。エラーも相変わらずセリーグ1の数です。
こういう野球をやられて負けると、こたえるかもしれません。
原監督やダッグアウト(ベンチのこと)の表情も明るいのにたいして、中日のダッグアウトは重苦しい雰囲気です。

落合監督は、「(4連敗は)今の時期でよかった。建て直しがきく」と試合前に言っていました。似たような台詞を、いつだったか優勝した年にも聞いた記憶があるので、はっきりしたビジョンはあるのでしょう。それを推測するのがファンの楽しみですが。
まあ、戦力にものをいわせて、ぶっちぎって勝つのは、それはそれで、あまり面白いものじゃありませんw

ともあれ、落合監督のコメントを信じることにしましょう。
参考になりました

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはプロ野球・中日ドラゴンズ、とうとう5連敗(あちゃ~)に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog