ショートカットキーの練習

ショートカットキーの練習に関する記事です。

 
2007/02/27(火)
パソコンに詳しい人がパソコンを使うところを横で見ていると、ネットサーフィンのときでも、片手はマウス・片手はキーボード、という操作をしています。

キーボードで何をしているかというと、ショートカット・キーを入力しているのです。ショートカット・キーを使えば、マウスを動かす回数が飛躍的に減ります。

ソフトの上にあるプルダウン・メニューを開かずに、キーボードだけで、お望みの動作を実行できます。

「複雑なソフトになるほど、作業効率化のためにキーボードのショートカットキーを使いこなすことが必須だから、今からでも練習すべし」と言われました。

ちなみに、その知人はillustratorというグラフィック・ソフトでイラストを描くのですが、左手は常にキーボードの上を動き回っていて、ショートカット・キーをひたすら操作しています。ショートカット・キーを使わないと、何倍も作業効率が落ちるそうです。

別にillustratorでなくても、ブラウザのIEにも、ショートカットキーはたくさん設定されています。ブラウザのショートカットキーを用いれば、快適なブラウジングができるようになります。



下の一覧は、ぜひ覚えておきたい重要なショートカットキーです。
どのソフトでも、基本的には、ショートカット・キーは共通したコマンドです。


Ctrl+Z

操作を前に戻します
メモ帳などで書き間違えたらこのコマンドを入れると、戻ります。

Ctrl+S

文章やファイルをSaveします。SはSaveのSです。
データは、こまめに上書き保存するクセを付けます。

Ctrl+Alt+Del

パソコンを再起動します。
マウスがきかない場合には、これを使って再起動です。

Ctrl+C

青く選択した部分をコピーします。

Ctrl+X

選択した項目を切り取ってコピーします。

Ctrl+V

コピーしたものを貼り付けます。

Ctrl+A

すべてを選択します。

※ブラウザのショートカットキー

Ctrl+N

新しいウインドウを開く

F5

Webページをリロード。

Esc

ページの読み込みを中止する。

Ctrl+T、Ctrl+リンクのURLをクリック

タブブラウザでは、タブウインドウを開きます。
とても便利なコマンドです。



ということで、ショートカットキーを使いこなして、パソコン初心者脱出を目指すことにします(笑)

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはショートカットキーの練習に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog