プロ野球・中日vs広島 福留2HR!!

プロ野球・中日vs広島 福留2HR!!に関する記事です。

 
2007/04/26(木)
プロ野球・中日ドラゴンズvs広島カープ2日目(ナゴヤドーム)、5-1で中日の勝利でした。
中日先発は、中継ぎの久本、2003年9月以来の先発だそうです。少なくとも自分の記憶にありません。
久本は、中継ぎのときと比べて、のびのびと投げているようです。
守備にも助けられ、1回は、井端のファインプレーで、ヒット性のショートゴロをアウトにできました。

これは、先発投手陣の台所事情のせいでしょう。今期12勝のうち、先発が勝っているのが6試合のみです。しかもそのうちの3勝が中田で、ぱっとしません。あとは、山本昌、川上、朝倉が一勝づつです。

広島カープは、ルーキーの青木です。

4回ウラ、中日福留のホームランで先制しますが、5回表に、久本が連打を浴びて、同点に追いつかれます。広島は、ミーティングで狙い球を絞ったようです。
久本は、打球を足に当てて途中交代、2番手は前回好投の石井です。

5回ウラに、中村がホームランです。体が絞られてきた感じです。6回には、福留の2打席連続となる2ランで、決勝点です。

それにしても、福留はどこまで進化するのでしょうか。
左打席の福留は、2ランを打ったときに、「荒木がスタートしたのでびっくりして打った」とのことです。しかし、左打席からは1塁走者は見えにくいはずですが、福留には見えているらしいです。
それだけ、体勢がいいということでしょうか。
力の抜けた感じで打ってるときは特に好調のようで、テレビで見ても、福留だけ異次元のような気になります。
相手に与える威圧感はウッズ以上かもしれません。

岡本も、ストレートの球威は落ちているものの、投球の組み立てで、うまく抑えています。
勝利投手は、2番手の石井でした。石井は昨年以来の勝利です。

広島は、やはり、送りバントができないことなど、拙攻が最大の課題でしょうか。中日ドラゴンズは、調子がよくないものの、広島戦で、本来の勝ち野球の形を思い出しつつあるような感じです。エラーを減らして、本来の守備力を取り戻せば、いずれ好調に戻ると思われます。

おすすめ:野球漫画を一気に読破! 漫画全巻ドットコム!

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはプロ野球・中日vs広島 福留2HR!!に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog