中日ドラゴンズ、延長12回裏・サヨナラ勝利!

中日ドラゴンズ、延長12回裏・サヨナラ勝利!に関する記事です。

 
2007/04/24(火)
今日も大変な試合でした。
プロ野球・中日ドラゴンズvs広島カープ(ナゴヤドーム)の試合感想です。

中日先発は、前回完封勝利の大ベテラン山本昌、広島先発はエースの黒田です。
山本昌は、まずまずの立ち上がりでした。
2-2で迎えた7回に、中日はツーアウト3塁で、ウッズ敬遠のあと、5番イ・ヨンギュのレフトへのタイムリーで勝ち越します。広島は敬遠策が裏目にでました。
4回に栗原にツーランホームランを打たれながらも、8回を投げ、勝利投手の権利を得ますが、9回に、抑えの岩瀬が、栗原に2本目の同点ホームランを打たれます。
まさか、と思った人が多いと思いますが、いかにもここ最近の中日を象徴しているようです。
セリーグナンバーワンのはずの先発投手陣が点を取られすぎですし、あれほど鉄壁だった守備も、エラーの数がなんとセリーグワーストです。

10回は、一軍にあがったばかりの石井が抑えました。
11回は岡本がコントロールのよさを見せ、12回は、6回目の登板の期待のルーキー朝尾が三者連続三振で見事に抑えます。
日本福祉大の前の美浜海岸の砂浜で足腰を鍛えたせいか、朝尾は球威があります。
落合監督は、朝尾をどこで使うか、色々試しているかもしれません。

さて、12回裏に中日は、中村ヒット、井端の送りバント、谷繁フォアボールで、広島がワイルドピッチ、ヒデノリ(英智)のライトへのサヨナラ犠牲フライで試合を決めました。
巨人が負けたので、首位返り咲きです。

広島カープは、今日は、4回から毎回のように先頭打者を出しますが、5回からは、2塁にも進めませんでした。送りバントが少ないせいで、ダブルプレーが多い感じです。
健闘を期待したいところです。


今年のセリーグは、横浜が健闘しています。セリーグの投手陣は、中日もいいが、他のチームも、巨人をはじめ、どこもレベルアップしているので、混戦模様です。
落合監督は、まだまだ戦力の整備の時期のような感じです。

おすすめ通販:ナイキiDでシューズのオーダーメイド。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは中日ドラゴンズ、延長12回裏・サヨナラ勝利!に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog