RSSについて・その2

RSSについて・その2に関する記事です。

 
2007/04/24(火)
RSSとは、”RDF Site Summary”とか、”Really Simple Syndication”などと言うものの省略形です。
RSSには3種類くらいありますが、とりあえず、同じようなものと考えてよいでしょう。

RSSは、ホームページの更新情報を発信することを目的に考えられたものですが、もっぱら、ブログの更新情報を配信するのに使われています。もちろん、RSS対応のホームページも存在します。
以前は、メールマガジンなどでホームページ更新情報を伝えていたと思われますが、RSSのほうが、サイト管理者にとっても訪問客にとっても、ずっと手軽で便利です。

RSSについて・その1>で、オレンジ色のアイコンがあれば、そのサイト(ブログ)ではRSSリーダーが使えると書きましたが、具体的に言うと、サイトに、RSSリーダー用のファイル(RSSフィードといいます)が置いてある、ということです。
RSSリーダーはRSSフィードの情報を読み取ります。RSSフィードはxmlとかrdfとかの形式になります。

ホームページにRSSフィードを設置すれば、そのホームページはRSSリーダーに読み取ってもらえるので、訪問者の便宜を図れますし、ping送信をすれば、ブログサーチなどにもサイト情報を載せることができます。


PR:純国産・次世代タブブラウザLunascape4ならRSSリーダーも標準装備。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはRSSについて・その2に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog