中日vsヤクルト(神宮球場)の三連戦を振り返って<その2>

中日vsヤクルト(神宮球場)の三連戦を振り返って<その2>に関する記事です。

 
2007/04/24(火)
中日ドラゴンズは、結局、1勝2敗で対ヤクルトとの3連戦を終えました。
先々週あたりに、中日の状態は底かもしれないと書きましたが、実は、今の方がもっと状態が悪いかもしれません。
阪神戦以来、大味なゲームをして、同じ流れを引きずっています。とにかく先発が相変わらず安定しませんし、勝つにしても不安定な試合が目立ちます。
現在リーグ最多の失策数(18)も気になりますが、原因は、この守備でしょうか。
中日の特徴は鉄壁守備でもあるので、修正を期待したいところです。

落合監督は、先発をひっぱったり、選手を試したりして、まだ全力で勝ちには行ってないようですが、巨人が投打守備とも好調で、中日は現在首位陥落中です。
しかし、昨年も、中日はこの時期先発が揃っていなかったので、やはり、情報収集、戦力育成を兼ね備えた様子見期間という感じでしょうか。

実は今期のプロ野球は、中日のライバルは、阪神よりもむしろ巨人かもしれません。たしかに、控え選手の層など、戦力的には中日がかなり有利なのですが、日程的には巨人が有利なように思います。例えば、今年の交流戦明けの七月の日程を見ると、阪神が12戦連続で中日、巨人と対戦します。阪神は、金本とJFK頼みの現状をなんとかすることが必要と思われますが、戦力的にやや厳しい感じがします。

まだまだ見所がたくさんのプロ野球です。

ワードチェック:オーダーメイドのナイキシューズならナイキiD。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは中日vsヤクルト(神宮球場)の三連戦を振り返って<その2>に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog