中日ドラゴンズ、大逆転で激戦を制する!

中日ドラゴンズ、大逆転で激戦を制する!に関する記事です。

 
2007/04/20(金)

プロ野球・中日ドラゴンズvs阪神タイガース3日目(ナゴヤドーム)


今日のプロ野球は大変なゲームでした。
中日ドラゴンズ先発はエースの川上、対する阪神タイガースは、前回、誤審問題の記憶も新しいボーグルソンです。

2回表、川上がボーグルソンに2点タイムリーツーベースを打たれます。前回のボーグルソン2ランHRの嫌な記憶が蘇ります。
中日は、そのウラ、森野・中村・イ・ヨンギュと繋いで、一点を返しますが、川上が相当の不調です。追い込んでからの決め球が、川上らしくありません。

5回の表に、シーツのピッチャー返しをよけきれずに、右足むこうずねに当たり、小林に交代。その小林が2点タイムリーを打たれます。
続く金剛は、プロ3年目、前夜のゲームで打ち込まれた長峰に代わって2年ぶりの一軍登板です。
しかし、中村のエラー、金剛のワイルドピッチなどで、結局5回表までに、1-7まで離されます。

ところが5回ウラ、今日1軍登録の代打森岡がフォアボールで出塁すると、井端、荒木の連続ツーベース、福留のタイムリー、森野フォアボールで、ツーアウト満塁。
ここで代打は、立浪です。
大歓声の中、2点タイムリーを放ちます。
阪神はやっとピッチャー交代です。
中日は、この回、6-7まで詰め寄ります。
森岡フォアボールの段階で、すでにボーグルソンはストライクが入らなくなっていて、遅きに失した感じです。

7回ウラ、阪神はJFKの一角、久保田を投入して必勝体制です。
しかし、その久保田がまさかの2失点。
中村がヒットで出て、イ・ヨンギュのツーベースのあと、代打ヒデノり(英智)が執念で逆転の2点タイムリーです。
そのあと、井端のタイムリーもでて、9-7で逆転です。
中日は、岡本ー岩瀬の必勝リレーで逃げ切りました。

2006年04月12日の甲子園での大逆転を思い出す熱闘ゲームでした。

ヒーローインタビューは、立浪とヒデノリ(英智)でした。
立浪はしゃべるのが上手いが、とヒデノリ(英智)は、相変わらずで、笑いを誘っていました。

今日は、やはり中日の戦力の厚さを感じさせるゲームでした。
先発の不調を、他の選手がカバーするという感じです。


ワード:プロ野球の無料オンラインゲームをプレイしよう

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは中日ドラゴンズ、大逆転で激戦を制する!に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog