プロ野球 中日ドラゴンズvs阪神タイガース(山本昌完封!)

プロ野球 中日ドラゴンズvs阪神タイガース(山本昌完封!)に関する記事です。

 
2007/04/17(火)
プロ野球の中日vs阪神戦(ナゴヤドーム)は、5-0で中日ドラゴンズの勝利でした。

中日ドラゴンズ先発は大ベテランの山本昌、なんと完封勝利です。阪神はジャンでした。
1回ウラ、井端がヒットででて、荒木がヒットエンドランでノーアウト1,3塁、そして3番福留のタイムリーで、中日としてはこれ以上ない理想的な形で先制です。そして3回には、ウッズの3ランです。今日は井端が打ちましたが、ゲーム前の落合監督のアドバイスが利いたかもしれないそうです。そうだったら、本気でスゴイ。

山本昌は、今シーズン不調で年齢説もささやかれていましたが、3回までテンポよく投げます。細心さと大胆さがかみ合って、今シーズンの鬼門の5回を投げきり、完封が見え始めました。
キャッチャーは、元巨人の小田です(なんで巨人は小田を放出したのでしょうね)。小田の新鮮で意表をついたリードが功を奏したのでしょうか。
8回の井端のファインプレーで、敵チームはさすがに意気消沈したことでしょう。
終わってみれば、山本昌は3安打完封、200勝まであと8つです。


さて、阪神ですが、昨シーズンはナゴヤドームで10連敗しております。9ゲーム差がついたことになりますので、さすがにナゴド対策をしないと優勝がないことは十分に分かっていると思うのですが、今日も相手チームに完全に形を作らせてしまいました。
ナゴヤドーム対策を期待していたのですが、岡田監督の試合前の「JFK6連投」発言を見て、どんなもんかと思いました。JFKが出てくる前に、なんとかしないとダメじゃないのかと思うのですがね。

野球は確率・統計のゲームでもあるのでしょうが、「流れ」もあると思います。野球は麻雀と同じで、レアなケースが繰り返して続いたりしています。だから、劣勢を跳ね返すには、表向きの点差じゃなくて、相手チームのゲームの流れを壊すとか、そういう対策の仕方があると思います。ゲームが0-10で負けていても、何か打つ手があると思うのですが、そういう部分は、野球以外にもやっぱり麻雀も強い落合監督のほうが長けているのかもしれないと、なんとなく感じます。

ともあれ、中日ドラゴンズのファンではありますが、2番目に応援している阪神タイガースの奮起も期待します。

PR:ハンゲームでプロ野球の無料オンラインゲームを遊ぼう

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはプロ野球 中日ドラゴンズvs阪神タイガース(山本昌完封!)に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog