プロ野球 中日ドラゴンズvs阪神タイガースの結果(1-3)

プロ野球 中日ドラゴンズvs阪神タイガースの結果(1-3)に関する記事です。

 
2007/04/12(木)
プロ野球の甲子園での第3戦、中日ドラゴンズは1-3で敗戦です。中日の先発は不動のエース川上、阪神はボーグルソンです。

初回、川上は立ち上がりを攻められ、金本にタイムリーを被弾。昨シーズンは、完璧に抑えていた記憶がありますが・・・。
そして2回ウラ、井端の併殺プレーが誤審で不成立となり、2アウトでイニング続行となり、直後に、ピッチャーのボーグルソンに2ランを浴びて、これが決定打となりました。
併殺が成立していれば、チェンジで、少なくとも2ランはありませんでした。
ベースへのステップまで計算されたような井端のプレーだっただけに残念です。

本調子ではない川上でしたが、4回からのピッチングは、復調を感じられました。中村が、落合指導の成果か、移籍後初ホームランが出ました。

甲子園の3連戦ゲームは、中日ドラゴンズは結局2敗1引き分けでした。

プロ野球のペナントゲームを考えると、中日ドラゴンズのライバルはやはり阪神です。
中日ドラゴンズファンとしては、中日の応援と同じくらい、阪神の動向チェックも欠かせません。

阪神野球の弱点は、JFK以外の抑えの方程式ができていないというところかと思います。
甲子園の3連戦ゲーム、阪神はJFKの3連投です。
阪神は、今シーズン、打線がいまいちなので、この先JFKの登板機会が増えそうな感じもあります。
他の球団としても、この鉄壁リリーフ陣をいかに揺さぶっていくことになるかと思います。
したがって、相当の負担を強いられると思われます。
やはり、阪神が優勝するためには、JFK以外の抑えのバリエーションも作っておく必要がありそうです。
そうなると、客観的に見て、まだ中日優位でしょうか。
野球はどうなるかわかりませんが。

PR:プロ野球の無料オンラインゲームを楽しもう。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはプロ野球 中日ドラゴンズvs阪神タイガースの結果(1-3)に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog