NIKE IDのデザイン(配色)

NIKE IDのデザイン(配色)に関する記事です。

 
2016/03/24(木)

白地の段階からカスタマイズ

ナイキiDの最大の醍醐味といえば、オリジナルのカラー・コーディネートです。 NIKEiDでは、白地の段階からのフル・カスタマイズも可能です。

お手軽カスタムも

デザインに自信があれば、無地の段階から自力でカラー・コーディネートすることも出来ます。 無難に完成品を部分的にお手軽カスタムすることもできます。

組み合わせは自由自在

シューズやスニーカーの場合、カスタマイズできる項目は6箇所~10箇所くらいあり、それぞれ20色くらいの選択肢があります。トータルでかなりの数の組み合わせになります。リーボックの場合は素材も選べます。

配色の基本

配色の基本としては、これはイラストなどでの話になるのですが、「赤-緑」「青-オレンジ」「黄-紫」といった、色相環(下図参照)の反対に位置する色同士(=補色)を組み合わせカジュアルな雰囲気を演出する「補色配色」、同系の色を組み合わせて落ち着いた印象を演出する「同系色配色」などがあります。

補色は目立つ

反対色(=補色・下図参照)同士の組み合わせは、目立つ分、けっこうセンスが要求されます。コツとしては、明度の高い目立つ色は、香辛料みたいなものと考えるとよいと思います。ほんのちょっと(全体の5%程度)だけあるだけで、十分に目立ちます。
nikeid2.gif
nikeid1.gif

補色はちょっとしたアクセント

一般的に、メインの色を70%、メイン色の近似色を25%、補色(反対色)を5%(ちょっとしたアクセントくらいの感覚)の割合で配色すると、バランスよく構築しやすいと言われています。

詳しくはこちら:【NIKEiD】ナイキiD

配色事典

色の組み合わせについては配色事典などが参考になります。

更新情報

  • 2014/6/12
  • 2008/11/12

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはNIKE IDのデザイン(配色)に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog