北京オリンピックの野球について

北京オリンピックの野球についてに関する記事です。

 
2008/08/27(水)
北京オリンピックが終わりました。
個人的にじっくりみる余裕がなかったのですが、選手の姿には色々と元気付けられました。

さて、「星野ジャパン」の野球のことですが、金メダルは無理だろうと始めの頃から思っていましたので、やはりじっくりは見ませんでした。結果的に、「格下」チームに負けまくって、銅メダルすらとれませんでした。

個人的な感想としては、敗戦の責任は選手ではなく、監督をはじめとする指揮系統にあると思います。つまり、落合監督がよく言っているように、プロ野球選手というのは自分個人の仕事を果たすことに注力していればよいのであって、それ以外のことは監督の仕事である、と。今回はプロ野球の「オールスター」チームで、戦力的には金メダルを取れるものでしたので、その運用に失敗した上層部に問題があるというわけです。

さて、この責任はどのように取られるのでしょうか。
責任はどこにあると総括してくれるのでしょうか。

いつも通り、うやむやになって終わりそうです。
日本と言う国は、上層部が責任を取らないという体質があるようです。
理でもって総括して責任の所在を明確にし、次の出発の糧にする、ということができない。

こういう結末も予想できてしまうから、しっかり観戦したいと言う気もなくなるのです。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは北京オリンピックの野球についてに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog