トラックバックについて<その3>

トラックバックについて<その3>に関する記事です。

 
2007/03/20(火)

トラックバックのマナー


トラックバックは、ブログの主要機能なので、自分と関連のある内容の記事を書いたブログにはどんどん送ればいいと個人的に考えています。送ってもらってうれしく思う人もいます。
私などは、自分のブログの宣伝のために、すでに相当数のトラックバックを送っています。多い時は、一投稿につき、5以上のトラックバックを送っています。送り返してくれる人も多いですし、苦情をもらったこともありません。

自分の記事に自信があれば、むしろ積極的に送ったほうがよいと思います。私なんぞより立派な記事を書いている人の中でも、ずいぶん消極的な人が多いので、もったいないなぁ、といつも思っています。

でも、トラックバックのマナーには、いろいろと考え方があるようです。やりすぎと思ったら、控えたほうがよいです。


トラックバックで被リンクを獲得


トラックバックを送ると、相手のブログに自分のサイトのURLが表示されます。
つまり、トラックバックを送信することで、実質的に「被リンク」をゲットしたことになるのです。

トラックバックを送ることで、即効性のあるアクセスアップができるだけでなく、被リンクを増やして、Googleなどの検索エンジンに上位表示される道が開けます。
トラックバックはまさに一石二鳥です。
それで、トラックバックを無差別に大量に送りつける「トラックバック・スパム」と呼ばれる行為が横行するというわけです。


検索エンジン側の対策


しかし、単純に被リンクの数だけで、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページに、上位表示されるとしたら、検索結果ページの上位は、悪質な業者だらけになってしまいます。
しかし、Googleなどの検索エンジンも、ちゃんと対策を考えています。

内容に関連のないサイトからの被リンクは、ほとんどカウントしないとか、悪質なものを発見したら、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページから削除するとか、対応力は年々進化しており、思いつく限りの対策をしていると考えてよいでしょう。
Googleなどの検索エンジンからのペナルティは、例えば、検索結果の表示ページからの削除などがあります。
こうなると、すべての努力が水の泡となってしまいます。
Googleなどの検索エンジンに集客を頼んでいるサイトにとっては、事実上、インターネット上から自分のサイトを削除されたということを意味しますので、ペナルティは業者にとっても死活問題です。

検索エンジンからのペナルティのリスクを考えると、無意味なトラックバックを大量に送りつけるといった「スパム」まがいの方法は、推奨されません。

常識的な範囲内の方法で、積極的にトラックバックを行うことが、一番の効果的なトラックバックと思われますです。

・追記

※Googleでは、トラックバックスパムの横行により、トラックバックは有効な被リンクとして認められていないようです。
例えばSeesaaブログなどでは、「no followタグ」が導入され、これが入っているブログにトラックバックしても、被リンクとしてはカウントされなくなったと言われます。

しかし、Yahooの場合は、まだどうなるかわかりませんし、地道に効果的に送れば、ある程度のアクセスアップになります。被リンク対策としては、やらないよりはしたほうがよい、という程度の認識でよいかもしれません。


トラックバックセンターの活用


にほんブログ村の「トラコミュ」とか、「トラックバックピープル」など、ブロガーからトラックバックを集めるサイトがあります。個人ブログに送る場合と違って、気兼ねせずにどんどん送ることができます。練習用にも最適です。

もちろん、トラックバックセンターにトラックバックを送ることで、被リンク対策・アクセスアップの効果が少し見込めます。

トラックバックセンターの一覧


大手のブログ運営会社によって、それぞれトラックバックセンターが用意されています。私が使うのは、にほんブログ村、トラックバックピープル、FC2トラックバックテーマなどです。


ブログを書くときに、テーマに迷ったら、このトラックバックセンターへ行くと、そこの管理者から「今日のお題」のようなものが出されるので、それについて記事を書き、トラックバックを送ります。



トラックバックの上手い送り方を自分なりに考えて、どんどん活用しましょう!


PR:無料ブログの比較。SEOに強い無料ブログサービスは?

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはトラックバックについて<その3>に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog