首位攻防戦 第1ラウンド

首位攻防戦 第1ラウンドに関する記事です。

 
2007/08/22(水)
プロ野球の試合結果です。天下分け目の3連戦といったら言い過ぎかもしれませんが、プロ野球の長いペナントレースのなかでも大一番であるのは間違いなし。その中日ドラゴンズvs巨人(東京ドーム)は3-1で勝ちました。中日先発は山井、巨人は、高橋尚。初回は不安定な立ち上がりでしたが、相手の拙攻にたすけられ、1失点で切り抜けます。落合監督「よく1点でおさまった。山井らしいと言えば、山井らしい」
2回表、英智が2試合連続となるソロホームランで追いつきます。そして4回にはウッズの特大弾、6回には中村ノリの、これまた2試合連続のソロホームラン。守っては6回の英智のファインプレーなどもあり、狭い東京ドーム+巨人の大砲打線に対してヒヤヒヤながら、スミ1に抑えきりました。ドームランといわれるくらいですから、2点差など、あってないようなものです。6回か7回の、李のあわや同点2ランというシーンにはさすがに冷や汗物でした。

結局、このゲームは、3発のホームランで試合を決めました。山井は焼く2年ぶりの勝利です。これで巨人との差は1となりました。

なんというか、今日のゲームは優勝するチームの野球だったように思いました。山本昌、福留と、計算外の要素はあるものの、それを埋めるように、小笠原、堂上、英智、山井と、新戦力(というほどでもないが)が次々に台頭してくるところなど、最近は、優勝へむけて着実に前進している感じです。

おすすめ野球漫画なら漫画全巻ドットコム!
大人気「おおきく振りかぶって」

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは首位攻防戦 第1ラウンドに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog