堂上兄 劇的3ラン

堂上兄 劇的3ランに関する記事です。

 
2007/08/12(日)
やってくれました。延長12回、代打・堂上兄のサヨナラ3ランで、決着が付きました。プロ野球の中日ドラゴンズvs巨人の試合感想です。

中日先発は小笠原。躍動感のあるピッチングで、大砲ぞろいの巨人打線を9回1失点に抑えました。打線は、相変わらずの決定打不足で、小笠原を援護しきれず、結局1-1のまま、延長へ。

負けると巨人との差が5ゲーム差となり、どうしても落とせない一戦だけに、岡本、岩瀬、平井と必勝リレーをつぎ込むと、巨人も負けずに豊田、上原とつないできましたが、代打・堂上の一振りで、試合は決着しました。

先日は、1番を任されたものの、落合監督にまだ早いと判断され、これまで10試合続いていたスタメンも落とされたの堂上兄でしたが、チームに活を入れるのは、この新戦力しかいなかった。打席に立つ前に、立浪にチェンジアップを意識するようにアドバイスされ、狙い通り、初球のチェンジアップを振りぬいて、スタンドへ運びました。

巨人とのゲーム差は広がる一方な上に、楽しみだった甲子園は、名電が初戦で負けて、沈みがちでしたが、まるで優勝したかのようなうれしさでした。しかし、厳しい戦いはこれからが正念場! がんばれドラゴンズ!



PRナイキ公式の【NIKEiD】なら、ナイキの最新シューズがオーダーメイドで手に入る!? 

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは堂上兄 劇的3ランに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog