勝てたはずの試合

勝てたはずの試合に関する記事です。

 
2007/08/09(木)
プロ野球の試合感想です。
プロ野球の中日ドラゴンズvs広島カープは6-7で負けました。
いよいよペナントレースも中盤すぎにさしかかると、1試合1試合が重くなります。それだけに、ファンとしても、接戦で負けるとガックリ度が高くなるようです・・・。

今日は記録にはあらわれないエラーが出ました。
「捕れるセカンドゴロ、捕れるレフトフライ。“たら”“れば”はいけないけど、そういうことを解消しないと」落合監督のコメントです。

先制したのは中日。初回に相手のミスに乗じて3点をあげますが、すぐに逆転されます。しかし、6回までにふたたび逆転するも、7回に平井が2アウトから2ランを被弾し、ふたたび広島が逆転。9回には、岡本も1失点となり、5-7。土壇場の9回裏、あと一点というところまで詰め寄りましたが、森野が1アウト1,3塁で併殺打に終わりました。森野は、今日のゲームでは打線を引っ張りましたが、最後のチャンスで結果をだせず、反省しきりでした。

昨シーズンまで鉄壁をほこった守備や中継ぎにほころびが見える状態で、巨人戦大丈夫だろうか、という不安がありますが、落合監督なら、きっと何とかするでしょう!
「打たれる、打たれないはいい」しかしミスはいけない、と落合監督はコメントしてました。


PR:漫画全巻ドットコムで野球漫画をイッキ読み!
ナイキのシューズが100%オーダーメイドでゲットできる!?

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは勝てたはずの試合に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog