首位とのゲーム差3.5

首位とのゲーム差3.5に関する記事です。

 
2007/08/07(火)
プロ野球の中日ドラゴンズvs横浜ベイスターズ(横浜)は4-6で負けました。
中日先発は中田。先制したのは横浜。3回までに0-3としますが、4回の中日の攻撃で、堂上剛、谷繁のタイムリーで2点をあげ、1点差につめよります。その裏に1失点するも、ふたたび堂上剛のタイムリーなどで4-4の同点に追いつきます。が、7回にまた中田が乱れ、代わった岡本も打たれて2点をとられ、これが決勝点になりました。

守備では、荒木、井端、中村などの好プレーでピッチャー中田を援護しますが、結局、今日もフォアボールを沢山出して、中田は6失点。中田は、12球団で最多のフォアボール55個を出しているそうです。次回は今週末の巨人戦登板が予想されます。中田としても、チームとしても正念場です。

福留が離脱し、ウッズが途中交代となり、打線に大きな穴が開いている状態の中、堂上剛が今日も猛打賞で気を吐いています。夏だというのにドラゴンズは相変わらず梅雨ムードですが、そんなじめじめを吹き飛ばしてほしいものです。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは首位とのゲーム差3.5に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog