前半戦首位ターン

前半戦首位ターンに関する記事です。

 
2007/07/18(水)
プロ野球の中日ドラゴンズvsヤクルトスワローズ(ナゴヤドーム)は、8-2で快勝しました。前半戦最終日、中日先発は小笠原、ヤクルトは、グライシンガーです。先制したのはドラゴンズ、1回裏、イ・ビョンギュと井端の連打のあと、ウッズの犠打で1点。4回裏には、ウッズの24号ソロ、中村ノリのタイムリーなどで、3-1とします。盗塁失敗に終わりましたが、荒木の6/9以来のヒットもでました。勝ち越したと思ったら再三追いつかれる展開でしたが、6回には、ウッズの2打席連続となる25号ソロで勝ち越します。5月9日以来の2打席連続弾、今シーズン4回目の1試合複数ホームランだそうです。
その後は、7回裏に荒木のタイムリー、8回には、立浪押し出しフォアボール、今日猛打賞のイ・ビョンギュのタイムリーなどで、終わってみれば8-2の大勝でした。これで中日は2年連続の前半戦首位ターン、貯金10、巨人は今日も阪神に3-5で負けたので、巨人とのゲーム差は1となりました。

ヒーローインタビューは、自己最多の6勝目をあげた小笠原と2打席連続弾のウッズ「フロリダから来たがフロリダはとても暑い。だから夏が好きだ」

それにしても、一時は巨人と5ゲームもはなされましたが、前半戦をいい形で終わらせることができました。巨人は魔の交流戦を切り抜けて、気が緩んだのでしょうか。今日の試合を見ていると、ヤクルトとの大きな戦力差を感じずにはいられませんでした。福留が今日も不在ながら、離脱していた戦力も戻りはじめています。巨人の状態を見ていると、客観的に見ても、中日ドラゴンズの連覇が濃厚のような気がします。

TB123

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは前半戦首位ターンに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog