岩瀬まさかの5失点

岩瀬まさかの5失点に関する記事です。

 
2007/07/16(月)
プロ野球の中日ドラゴンズvsヤクルト(ナゴヤドーム)は5-7で負けました。
中日先発は山井、ヤクルトは川島です。荒木が36試合ぶりに出場したかわりに、福留がスタメンを外れました。先制したのはヤクルトでした。しかし中村ノリが、4回までに、12号ツーランを含む3打点を一人であげ、3-2とします。中日は、久本、S.ラミレス、平井、クルスとつなぎ、9回まで1点リードを守りますが、最終回にストッパー岩瀬が、ツーアウトからの6連打で、まさかの5失点。本人にとってもチームやファンにとっても、悪夢のような最終回だったのではないでしょうか。5失点は、岩瀬にとってはプロ初だそうです。
中日はその裏2点差まで詰め寄りますが、届かず、ゲームセット。
今日は巨人が阪神に勝ちましたので首位を1日で明け渡しました。

それにしても、絶対的な信頼感を持っていた岩瀬とはいえ、やはりこういう日を逃れることはできないということでしょう。今期の中日は、どうにも計算どおりにはいかないようです。培ってきた地力で持ちこたえている感じです。しかし連戦はまだ続きます。どう修正してくるでしょうか。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは岩瀬まさかの5失点に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog