サヨナラ負け

サヨナラ負けに関する記事です。

 
2007/07/12(木)
プロ野球の中日ドラゴンズvs横浜ベースターズ(横浜)は、3-6で負けました。中日の先発は中田、横浜は大ベテランの工藤です。

先制したのは中日。ウッズのヒットから、選手会長井上のツーランで2-0としますが、エラーなどもあって、5回に同点に追いつかれます。7回に、井上のタイムリーで3-2としますが、8回から変わった平井が1失点で、同点に追いつかれ、9回には、クルスが佐伯にサヨナラ3ランを打たれ、ゲームセット。
こういう勝ちきれない煮え切らない展開って、ピッチャーのリズムが原因なんでしょうか。

中田は、コントロールが今ひとつで、相変わらずテンポも悪いながら、球威があり、フォークで空振りがとれ、8奪三振のピッチングでした。う~ん、8回まで行けた気もしないではないですが、なんともかんとも。

さて、阪神vs巨人の試合が終わるのを待って試合感想を書こうと思っていたのですが、延長11回、1-1で同点です。阪神は、ここにきてようやくらしさがでてきたか?
明日からは中日は甲子園で阪神と3連戦ですが、天気がどうなるでしょうか。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはサヨナラ負けに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog