岩瀬500試合登板を勝利で飾る

岩瀬500試合登板を勝利で飾るに関する記事です。

 
2007/07/07(土)
プロ野球の中日ドラゴンズvs阪神タイガース(ナゴヤドーム)は、2-0で勝ちました。中日先発はエースの川上、阪神はルーキー上園です。

1回表に、赤星が盗塁失敗、2回表に、福留の大飛球ジャンプキャッチのスーパープレイで、阪神に先制を許しません。そして4回にウッズの22号ツーランで中日が先制します。失投を見逃さす、ライトスタンドへ運びました。ウッズは1打席目は素手、2打席目は左手袋、3打席目は、両手袋をしていました。
8回に、川上にピッチャー返しが直撃して、左胸に当たり、アイシング処置をしていました。詳しいことは不明です。

川上は途中退場となり、岡本がその後を継ぎます。岡本はシーツに内野安打を許して、ツーアウト1,2塁からマウンドを岩瀬に譲ります。岩瀬は桧山を三振に討ち取り、岩瀬はこれで500試合登板となりました。史上81人目、プロ9年目での達成となりました。

8回、代打立浪の併殺崩れの追加点のあと、打席に岩瀬が立ちました。うろ覚えですが、愛知大学野球リーグで首位打者になれなくて、投手に転向したというだけあって、もともとは非凡な打撃センスの持ち主ですが、ピッチャーゴロでした。それでも、岩瀬の打席は随分久しぶりに見ました。

9回は、岩瀬が8回裏から引き続いて登板し、4者連続三振でゲームセット。エースが投げ、主砲が打ち、クローザーが締める下理想的な勝ちパターンとなりました。
ヒーローインタビューは岩瀬とウッズでした。
ウッズ「最近ストレスを感じていたのでいい感じで打てた』
それにしても、川上は大丈夫でしょうか。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは岩瀬500試合登板を勝利で飾るに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog