零封負け

零封負けに関する記事です。

 
2007/07/06(金)
プロ野球の中日ドラゴンズvs阪神タイガース(ナゴヤドーム)は0-2で零封負けでした。
昨日、勝利に貢献のタイムリーを打った井上選手会長が、まだうちらしい戦いができていない、と言っていましたが、観戦する側から見ても、まさにそんな感じです。不測の事態が多いので仕方ないかもしれませんが・・・。

中日ドラゴンズの先発は、2年ぶり先発の山井、阪神は、中日戦を得意とする下柳です。一回表、久しぶりの登板で緊張したのか、投げ急いで、いきなりの2失点。これが最後まで響きました。
山井は、その後は阪神を無失点に抑えますが、下柳とJFKの継投の前に打線が沈黙しました。ウッズも、まだ本調子には戻れていないようです。オールスターまでには勢いを取り戻してほしいものです。

8回からは、新外国人のクルスが来日初登板。育成選手から支配下登録になり、一軍にあがってきました。150キロオーバーの球速と、まずまずのコントロールで、8,9回を無失点に抑えます。計算できる戦力になりそうです。下柳は、39歳、最年長で通算100勝を達成しました。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは零封負けに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog