e-bank(イーバンク銀行)講座・開設の記録

e-bank(イーバンク銀行)講座・開設の記録に関する記事です。

 
2007/02/22(木)
このたび、イーバンク銀行(e-bank、現在は楽天銀行に名称変更)の口座を開設しました。 パソコンをはじめて1年未満で、ほとんど初心者同然でしたが、苦もなく登録完了しました。

最短5日とありましたが、のんびり登録したので、3週間かかりました。でも、難しい操作は一切ありませんでした。

口座開設記

イーバンク口座(現楽天銀行)開設の記録です。
  • 1/30に「ホームページから口座開設の申込」しました。
  • 「本人確認書類」が届くまで、1週間くらい。
  • 「本人確認書類の郵送」して、確認がすむまで1週間くらい。
  • 「本人確認書類の受領のメール受信」および「本人確認書類照合完了のメール受信」に数日。
  • 「カスタマーカードの郵送」まで1週間くらい。
そして、本日、口座開設が完了しました。
ためしに小額の入金しますと、入金お知らせのメールが来ました。

感想

意外に簡単でした。懇切丁寧な解説により、パソコンに慣れない方でも問題なく口座開設ができます。

※追加記事

お得なネットバンク

ネットバンクは、店舗営業を行わず、ホームページが窓口になるので、店舗経費や人件費などが抑えられ、その分、金利や手数料の面で有利です。最近では大手銀行の金利も改善されていますが、ネットバンクの金利は、常に大手銀行よりも高めに設定されています。
自宅PCや携帯電話から、24時間いつでも取引できます。
気になる安全管理の面も、暗号技術の進化などで、安心して取引することができます。

イーバンク銀行(楽天銀行)vsジャパンネット銀行

イーバンク銀行(e-bank)の競合相手は、ジャパンネット銀行かと思います。

イーバンク銀行(楽天銀行)は口座維持手数料が無料なのにたいし、ジャパンネット銀行は、口座維持手数料が105円かかりますが、ジャパンネット銀行の口座維持手数料は、次の条件では無料です。

○預金残高が10万円以上の場合
○前月の口座振り込み額が3万円以上の場合
○前月の口座から、もしくは口座への振り込み回数が2回以上の場合
○カードローンまたは目的型ローンを成約の場合

ジャパンネット銀行を使うメリットは、公共料金の引き落としだけでなく、給与振込みなどにも対応しており、オンラインですべての決済を行うことができるという点です。
カードローンの金利が、10%前半という、かなり安い点、証券会社などともたくさん提携していて、これらの金融機関からの振込手数料が無料などのメリットもあります。

よく言われますように、イーバンク銀行が、手数料・金利などでは有利で、ジャパンネット銀行は利便性・生活密着度で有利です。

アフィリエイト目的で使うには

アフィリエイト目的としてなら、口座維持手数料が無料のイーバンク銀行(現楽天銀行)に魅力をかんじます。とりあえず口座を作っておくだけなら、お金もかかりません。
しかし、このブログも提携させていただいているアフィリエイト大手ASP「バリューコマース」などは、ジャパンネット銀行だと振込手数料が無料になるため、これらのASPと提携するならば、イーバンク銀行とジャパンネット銀行の両方に口座を持つことをおすすめします。

これからアフィリエイトをはじめる予定がある方なら、とりあえずイーバンク(現楽天銀行)の口座だけでも先に作っておくことをおすすめします。
上記のように、口座開設までしばらく時間がかかる上に、アフィリエイトのASPと提携するときに、振込先の指定が間違いなくできるためです。

さらに詳しいインターネット銀行の比較は、またいずれ書きます。

この記事は2011/5/18に再投稿しました。
関連記事:NIKEiD関連記事

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはe-bank(イーバンク銀行)講座・開設の記録に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog