2008年11月

2008年11月に関する記事です。

 
2008/11/12(水)

「ナイキ・エアズームフライト5(Nike AIR ZOOM FLIGHT5)」は、日本人初のNBAプレイヤー・田臥勇太選手が愛用していたことで有名なバッシュです。

「エアズームフライト5」は国内でも人気がとても高く、バスケ好きの方なら実際にエアズームフライト5を履いてプレーしている方が身近にいらっしゃるかと思います。

エアズームフライト5の特徴

エアズームフライト5 (Nike AIR ZOOM FLIGHT5)は、ファイロン素材のミッドソールとソール全面エアにより、衝撃吸収性能と反発力を両立・向上させています。

「エアズームフライト5」は、どちらかというと日本人の足型向きではなく、欧米人向きの縦長型になっています。そこで、購入する場合には通常のマイサイズから0.5cm~1cmUPがおすすめです。

世界で一足のオリジナルシューズ

ナイキのシューズやスニーカーは、【NIKEiD】ナイキiDというウェブサイトで自由にカスタマイズして購入することができます。エアマックス・シリーズも、いくつかのモデルがカスタマイズ可能です。

NIKEiD(ナイキiD)とは

NIKEiDでは、自由自在のカラーリングや、自分の名前などを入れることができるパーソナルiDの刻印など、既存モデルをベースに世界で一足のオリジナルシューズを制作することができます。

NIKEiDのラインナップに復活

「エアズームフライト5」は、NIKEID(ナイキiD)では長らく品切れになっていましたが、2008/10/31に、ラインナップに復活しました。今回も、品切れになり次第、再びラインナップから消える可能性があります。

気になる方はお早めに!

詳しくはこちら:【NIKEiD】ナイキiD

2008/11/12(水)

ナイキACGの新作シューズ

ナイキ・エアリジュビネイト(Nike AIR REJUVEN8)は、ナイキACGのニューコンセプトモデルのシューズです。
【NIKEiD】ナイキiD のラインナップにも追加されていますので、カラーやサイズなど自由自在にカスタマイズを楽しむことができます。

ナイキACGとは

ACGとは、1991年に設立されたナイキのアウトドア部門です。「ACG」とは「All Conditions Gear」の頭文字で、「全てのコンディションに対応するギア」の意味。すなわち、あらゆるアウトドアスポーツから室内履きも含めた日常ユースに至るまで幅広く対応した靴製品のことです。なんといっても快適な履き心地が最大の魅力です。

エアリジュビネイトの特徴

シームレスで構築されたインナーブーツは通気性を確保してくれます。そしてアッパーに採用された「TPUケージ」で足を保護します。
また、ファイロン製のミッドソールはクッション性に優れており、またアウトソールにはナチュラルモーションを採用することで、日常にも履けるシンプルシューズに仕上がっています。

NIKE iDのラインナップに追加

「エア リジュビネイト(AIR REJUVEN8)」が、リリースそうそうにNIKEiDのラインナップに追加されました。 NIKEiD(ナイキiD)ページ上部の「MEN'S/WOMEN'S NEW PRODUCTS」からカスタマイズ画面へ移ります。

詳しくはこちら:【NIKEiD】ナイキiD

2008/11/12(水)

新作から歴代の名作まで

【NIKEiD】ナイキiD には、往年の人気ハイテクスニーカー「エアマックス(Nike Airmax)シリーズ」をはじめ、ランニングシューズ、バスケットシューズ、サッカー用スパイクなど、歴代の傑作ナイキシューズ、スニーカーが豊富にラインナップされています。

custom.jpg

品切れにご注意

NIKE iDのラインナップは時々変更があります。人気モデルの場合、いつの間にかラインナップから消えていることがよくあります。

また、品切れになっても、しばらくするとNIKEiDのラインナップに復活することがあります。人気バッシュの「エアズームフライト5」は一度品切れになりましたが、最近復活しました。

シューズ、スニーカー以外にも

nike1.jpg

NIKE iD(ナイキiD)では、シューズ以外でも、バックパック、ショルダーバッグ、デジタルウォッチ付きのリストバンド、 パフォーマンスウェア、Duffelバッグ(ダッフルバッグ)なども、オリジナルデザインによるオーダーメイドが可能です。

詳しくはこちら:【NIKEiD】ナイキiD

BLOG MENU

Page Top ↑
このページは2008年11月に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog