2007年05月

2007年05月に関する記事です。

 
2007/05/31(木)

プロ野球の試合レビュー・中日vsソフトバンク


プロ野球の交流戦、中日ドラゴンズvsソフトバンク一回戦(ヤフードーム)は、4-3で中日が辛勝!

中日ドラゴンズ先発は、エースの川上、ソフトバンクはガトームソンです。先制したのはソフトバンク、4回に一点をあげましたが、その直後、中日は、ウッズの盗塁失敗のあと、森野、中村と連打で、選手会長・井上が今期初ヒットとなるタイムリー! その後、連続フォアボールで、2点目を追加します。6回には、福留が、32打席ぶりのヒットを放つと、森野が2ランで4-1とし、川上を援護。川上も打線に答えて、テンポよく投げていきます。
しかし、川上は7回に、疲れが出たのか、2失点となり、8回からは岡本にスイッチ。岡本は、2アウト満塁のピンチを招きますが、なんとか無失点。9回の岩瀬も、ランナー2塁に進められますが、なんとか切り抜けて、ゲームセット。ひやひやの勝利でした。川上はこれで4勝2敗となりました。

福留の打撃


好調のときの福留は、堂々としていて、どこに投げても打ちそうな雰囲気があったのですが、最近は、なんだか重心がすわってないというのか、素人目にも、とにかく別人のような印象があります。なにか、すごく模索しているのでしょうか。
しかし、一流打者は、ここから這い上がってくると思います。今日もまだ本調子には見えなかったのですが、なんとか好調時の活躍が戻ってほしいものです。

今日の試合結果


昨日の負け方は悪夢だったかもしれません。中日の失策は相変わらず、セ・リーグでワースト31です。

場所が浜松から豊橋市民球場に変わりまして、2回戦です。
中日先発は小笠原、楽天は青山です。

昨日の雪辱を晴らしたい中日は2回ウラ、ウッズの20号、中村の10号ホームランで先制します。が、直後の3回に、すぐに同点とされます。今期の楽天は、すでにもう侮れないチームですねぇ。関係ない話ですが、仙台の人の話を聞いたら、楽天の経済効果は相当大きいようです。

4回に、谷繁の2ランで、4-2としますが、まったく安心できません。ホント、昨日のようなことがあると、いやでも守備の重要さを感じます。プロ野球界ナンバーワンの中日投手陣を支えている要因の一つには間違いなく守備があるということに気づかされます。

まあ、今日も中村ノリがエラーしてましたが・・・w ノリは、「左右のボールはうまくさばくのに、正面は下手だ」と、解説の田尾さんに言われておりました。

しかし、7回に、中日打線が爆発します。ツーアウトから、なんと7連打で6点です。昨日のうっぷんをはらした感じです。中村は今日二本目の11号です。徹底的な打撃改造の効果が出ているのでしょうか?

しかし、一方で、福留が、なんと29打席ヒットなしです。落合監督のつきっきりの指導を受けたようですが、どうも体の調子が悪いのかもしれません。しかし、上位打線は、福留以外は当たりが戻っている感じです。

ところで、中日の朝尾と楽天の山崎って、同じ中学の出身だそうです。山崎さん、中日の元ホームラン王ですが、新天地の楽天で大活躍しているのをみて喜ぶ中日ファンがたくさんおられるかもしれません。野村監督によると、山崎は、なにか新たに打撃のコツを掴んだようです。

プロ野球の試合感想・中日vs楽天


昨日は、朝倉が先発で、9回まで完封ペースかと思いきや、連打を浴びて1、2塁となり、岩瀬にスイッチ。ところが、渡辺の野選で満塁、リックの犠飛・代打鷹野のライト前ヒットで追いつかれ、さらには2死一、二塁から鉄平の二ゴロが森野のが悪送球で、逆転を喫しました。

楽天はといえば、これで球団初の勝率5割、月間14勝の球団新記録です。それにしても、マー君こと田中の運のよさには驚きます。野村監督「中日にあれだけの投球ができたら自信になるだろう」
確かに。一方の落合監督は「監督のミスで負けた」
中日にとっては悪夢ですが、楽天はお祭りでした。
2007/05/28(月)

プロ野球の交流戦・試合結果



プロ野球のセ・パ交流戦・中日ドラゴンズvs日ハム2回戦(ナゴヤドーム)は、2-7で敗戦でした。昨日は、中村の痛恨エラーが目だった敗因だったとはいえ、福留の不振をはじめ、なんとなく流れがいやな感じがありました。2連戦は、初戦を落とすと連敗する確率が高いといわれていましたが、まさにそれが現実化した感じです。日本ハムはこれで6連勝です。日本ハムは連勝の勢いが試合運びにもあらわれ、攻めの走塁意識がありました。中村のエラーがなくても、連敗は規定路線だったかも。


中日先発は期待の朝尾。3回まで、要所要所でうまく抑えていたが、4、5回と甘い高めの球を狙い撃ちされました。新人だから仕方ないかもしれません。

7回ウラに、昨日の雪辱をはたす中村の2ランが出て、少しはいけるか、と思いきや、8回表、1塁ベースの森野に対して微妙な判定で森野がアウト。森野激怒・落合監督も抗議するものの、判定は覆らず。これで緊張が切れたのか、9回にダメ押しの3失点で、試合を決められました。

李に当たりが戻り、藤井が打っているものの、1~5番に不振が訪れています。ウッズは勝負を避けられ、福留は、これで20打席ヒットなし。3割6分もあった打率が急降下して、3割をきりました。

巨人が勝って首位陥落



現在、1,2位のトップグループと、それ以下のグループの差が開いています。巨人は去年の交流戦で急降下した悪夢を払拭できるのでしょうか。まあ、中日ファンとしては、巨人には今年も失速してほしいところでありますがw
2007/05/27(日)

プロ野球の試合レビュー・中日ドラゴンズVS日本ハム



プロ野球の中日vs日本ハム第一回戦(ナゴヤドーム)は、2-6で敗れました。中日先発の山本昌は、7回まで力投するものの、8回表に力尽きました。あと一点がほしかった。

ともあれ、大ベテランの山本昌が、通算500試合登板の記録を達成しました。初登板が1986年の10月だそうです。それを思うと、驚異的な印象がありますw
しかし、それほどのベテランでも、やはりランナーが出ると、力みが出てしまうようです。勝負事は厳しいですね。もっとも、だからこそ、プロ野球に惹きつけられるわけですが。

また、藤井がプロ入り2年目で初ホームラン。広いナゴドで達成です。新戦力の台頭は、なによりもいいニュースです。
それから不振だった李が好調です。落合監督は、李が韓国のスター選手だったことを配慮して、1年目はあまり指導をする気はない、といったそうです。また、落合監督によると、新戦力の見極めは、交流戦の終わりごろだそうです。うーむ、まだまだ全力で勝ちには言っていないということか・・・。優勝した2004年を思い出すと、たしか今の時期は最下位あたりだった気がします。きっと成算があるのでしょう。

BLOG MENU

Page Top ↑
このページは2007年05月に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog