トラックバック

トラックバックに関する記事です。

 
2007/03/20(火)

トラックバックのマナー


トラックバックは、ブログの主要機能なので、自分と関連のある内容の記事を書いたブログにはどんどん送ればいいと個人的に考えています。送ってもらってうれしく思う人もいます。
私などは、自分のブログの宣伝のために、すでに相当数のトラックバックを送っています。多い時は、一投稿につき、5以上のトラックバックを送っています。送り返してくれる人も多いですし、苦情をもらったこともありません。

自分の記事に自信があれば、むしろ積極的に送ったほうがよいと思います。私なんぞより立派な記事を書いている人の中でも、ずいぶん消極的な人が多いので、もったいないなぁ、といつも思っています。

でも、トラックバックのマナーには、いろいろと考え方があるようです。やりすぎと思ったら、控えたほうがよいです。


トラックバックで被リンクを獲得


トラックバックを送ると、相手のブログに自分のサイトのURLが表示されます。
つまり、トラックバックを送信することで、実質的に「被リンク」をゲットしたことになるのです。

トラックバックを送ることで、即効性のあるアクセスアップができるだけでなく、被リンクを増やして、Googleなどの検索エンジンに上位表示される道が開けます。
トラックバックはまさに一石二鳥です。
それで、トラックバックを無差別に大量に送りつける「トラックバック・スパム」と呼ばれる行為が横行するというわけです。


検索エンジン側の対策


しかし、単純に被リンクの数だけで、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページに、上位表示されるとしたら、検索結果ページの上位は、悪質な業者だらけになってしまいます。
しかし、Googleなどの検索エンジンも、ちゃんと対策を考えています。

内容に関連のないサイトからの被リンクは、ほとんどカウントしないとか、悪質なものを発見したら、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページから削除するとか、対応力は年々進化しており、思いつく限りの対策をしていると考えてよいでしょう。
Googleなどの検索エンジンからのペナルティは、例えば、検索結果の表示ページからの削除などがあります。
こうなると、すべての努力が水の泡となってしまいます。
Googleなどの検索エンジンに集客を頼んでいるサイトにとっては、事実上、インターネット上から自分のサイトを削除されたということを意味しますので、ペナルティは業者にとっても死活問題です。

検索エンジンからのペナルティのリスクを考えると、無意味なトラックバックを大量に送りつけるといった「スパム」まがいの方法は、推奨されません。

常識的な範囲内の方法で、積極的にトラックバックを行うことが、一番の効果的なトラックバックと思われますです。

・追記

※Googleでは、トラックバックスパムの横行により、トラックバックは有効な被リンクとして認められていないようです。
例えばSeesaaブログなどでは、「no followタグ」が導入され、これが入っているブログにトラックバックしても、被リンクとしてはカウントされなくなったと言われます。

しかし、Yahooの場合は、まだどうなるかわかりませんし、地道に効果的に送れば、ある程度のアクセスアップになります。被リンク対策としては、やらないよりはしたほうがよい、という程度の認識でよいかもしれません。


トラックバックセンターの活用


にほんブログ村の「トラコミュ」とか、「トラックバックピープル」など、ブロガーからトラックバックを集めるサイトがあります。個人ブログに送る場合と違って、気兼ねせずにどんどん送ることができます。練習用にも最適です。

もちろん、トラックバックセンターにトラックバックを送ることで、被リンク対策・アクセスアップの効果が少し見込めます。

トラックバックセンターの一覧


大手のブログ運営会社によって、それぞれトラックバックセンターが用意されています。私が使うのは、にほんブログ村、トラックバックピープル、FC2トラックバックテーマなどです。


ブログを書くときに、テーマに迷ったら、このトラックバックセンターへ行くと、そこの管理者から「今日のお題」のようなものが出されるので、それについて記事を書き、トラックバックを送ります。



トラックバックの上手い送り方を自分なりに考えて、どんどん活用しましょう!


PR:無料ブログの比較。SEOに強い無料ブログサービスは?
2007/03/20(火)

トラックバックのもう一つの効果・被リンク


ブログをはじめればすぐわかることですが、映画のタイトルや芸能人の名前などの人気キーワードで記事を書くと、毎回のように、早いときは記事の投稿から1時間くらいで、業者などからトラックバックが送られて来ます。
Googleなどの一般的なサーチエンジンと違って、検索対象をブログに特化したブログサーチなどは、ブログのping送信の機能を利用しますので、ブログの新規記事がすぐにサーチエンジンの検索結果のページに載ります。
ブログサーチなどで、人気キーワードを検索すれば、ホットなトラックバックの送信先を見つけることが容易です。

ちなみに、Googleなどの汎用的なサーチエンジンでは、新規記事がサーチエンジンの検索結果のページに載るまでに、少なくとも1週間はかかると思われます。

なぜ、これほどトラックバックがはやるのでしょうか。
アクセスアップに即効性があるのはもちろんですが、もうひとつ、業者が注目しているのが、「被リンク」というものです。
「被リンク」の説明は後にしますが、トラックバックは、「被リンク」を最も容易に得られる方法でもあるのです。


「被リンク」とは


Googleなどの検索エンジンでは、膨大な数のサイトを機械的に選別して、価値があると判断した順番に検索結果ページに表示します。サイトの価値を決める際に、重要視するのが、「被リンク」という概念です。
これは、サイトが、どれだけ外部のサイトからリンクをされているかの指標です。
たくさんのサイトからリンクされているサイトを、Googleなどの検索エンジンは、価値のあるサイトと評価して、検索結果のページに上位表示をさせています。

だから、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページに、上位表示される=情報発信力がアップするためには、被リンクの数を増やすことが肝心です。


ページランク


Googleでは、サイトの価値をページランクという指標で表示しています。
Googleツールバーをインストールすると、ツールバーの部分に、訪問先のページランクが表示されます。
ページランクは、0~10段階まであります。
ちなみにこのブログのページランクは、外部のサイトからリンクを受けていないので、最低ランクの0です。
ちなみに、Yahoo Japanのページランクは9です。
ページランク10のサイトは、世界でも数えるほどです。

http://www.keio.ac.jp/
http://www.w3.org/
その他は、
Google、W3C CSS Validation Service、Adobe、Microsoft Corporation、Intel Corporation、Apple、White House
、National Science Foundation、NASA、Energy.gov、ERCIM
StatCounterです。

どこまで公平な採点なのかはわかりませんが、何億という数のサイトの中から、Googleがある意味で100点満点をつけたということですので、これらのサイトを研究すれば、サイト作成の参考になるかもしれません。

また、人によっては、ページランクはあまり参考にしないという人もいます。
これは、Googleなどの検索エンジンに頼らなくても、たくさんの相互リンクや、専門分野に特化したサーチエンジンの登録などによって、アクセス数を増やすことができる場合などです。


被リンクとページランクの関係


被リンクは、数さえあればいいというわけではありません。
自分のサイトと内容の関連のないサイトからの被リンクは、あまりカウントされません。
また、ページランクという観点からすると、ページランク0のサイトから被リンクを受けても、自分のページランクのアップには、あまり貢献しません。

むしろ、ページランクの低いサイトと相互リンクをすると、自分のサイトのページランクは低下するそうです。
それで、ページランクを重視するサイトは、ページランク3以上のサイトでないと相互リンクをしないことが多いです。

人気のあるサイトは、何もしなくても、勝手に被リンクをもらえるので、Googleなどの検索エンジンからは、価値のあるサイトとみなされ、ますますアクセス数が増えるということになります。
逆に、ページランクの低いサイトは、何とか手を打つ手段を考えないと、ページランクも低いままですし、アクセス数も伸びません。

今後、こういう傾向はますます強くなっていく可能性もあります。

しかし、すべての人が人気サイトを作れるわけではありません。
人気サイトに比べたら、被リンクを増やすのはかなり大変な作業となります。

そこで、トラックバックという機能の出番です。


PR:国産の次世代タブブラウザ「Lunascape4」は、お好みのデザインカラーが選べます。
2007/03/15(木)

トラックバックはブログの主要機能

トラックバックはブログの主要機能といいますが、実際には、ややこしく感じる人が多いと思います。かくいう私がそうでした。なにを隠そう、トラックバックをはじめて使ってみたのは、これを書く数日前です。 しかし、使い方次第で強力な効果を発揮する機能であることが分かりました。そこで、情報発信力アップのためには、なんとしても使いこなす必要があります。

日々膨張するインターネットの世界

仲間内だけで、情報のやり取りをするのなら、トラックバックはそれほど必要ないし、そもそもブログではなく、mixiとかのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使ったほうが、より高機能で便利です。 あるいは、幅広く、共通の話題を持った仲間を作りたいなら、トラックバックよりも、コメント機能を使ったほうがいいかもしれません。

しかし、このコーナーでは、不特定多数の相手に向かって、パソコンの初心者がいかに情報を発信するか、というテーマを持っています。 個人が不特定多数の相手に語り掛けなければならない場合もあります。

しかし、インターネットの世界は、宇宙のように、日々膨張し続けています。 膨張スピードは、Googleなどの検索エンジンの進化の速度を凌駕しています。 そこで、Googleなどの検索エンジンは、選別を行うわけです。

業者は、圧倒的な量のテキスト情報を毎日発信しているので、もともと一定の情報発信力を初期設定で持っているブログといえども、個人の発信する情報はあっという間に押し流されてしまいます。 したがって、ある程度は本腰を入れて、業者の発信する情報の中に埋もれてしまわないような対策を考える必要があります。

もちろん、インターネットのスキルを身に着けた人の場合以外は、個人でできることには限界があります。 でも、やるだけのことをやれば、必ず効果は出ます。 そして、情報発信力アップには、トラックバックの送信は不可欠の手段といってもよいでしょう。

トラックバックとは具体的にどんなものか

RSSやpingと同じように、トラックバックの技術的な知識はこの際必要ありません。 使い方がわかればいいのです。

ブログの本文の下に、「コメントおよびトラックバック」という欄があります。 コメント機能は、説明するほどのものではないかもしれません。 ブログへの訪問者が、ブログの記事を読んで感想を書いたりします。

トラックバックも、コメント機能と似たようなものだと思えばよいと思います。 ブログへの訪問者が、ブログの記事を読んで、自分も似たような記事を書きましたので、自分のブログに見てください、という報告のようなものです。

要するに、コメント機能もトラックバックの送信も似たようなものですが、トラックバックは、コメント機能よりも、なにかと便利です。 コメント機能は、いちいち文面を考えて書き込みしなくてはいけませんが、トラックバックは、自分のURLを相手のブログに送りつけるだけです。しかも、一度にたくさんのブログに、同時に、トラックバックを送信できたりします。

悪用されている現状

トラックバックは、かように便利なので、当然、悪用する人も出てきます。 無差別に、大量にトラックバックを送りつける、トラックバックスパムという行為が、よく見かけられます。 しかも、キーワードを検索して、ブログを探して、送りつける、という作業を自動作業でやっています。 それだけ、情報発信力アップに効果の高い方法です。

そのためか、FC2やライブドアのブログに対しては、トラックバックを送信するのが面倒になっています。 、FC2やライブドアのブログにトラックバックを送信する際に、「言及リンク」を入れなければならなくなりました。

まあ、根本的には、トラックバックを悪用したスパム業者が悪いのですが・・・

「言及リンク」とは?

FC2のトラックバックの説明を読みましたが、「言及リンク」について一言も書いてありません。 FC2ブログの解説ページに書いてあるとおりにトラックバックを送っても、ライブドアやFC2には送れません。 「言及リンクとは?」でGoogle検索をしました。 すると、FC2の公式ブログのようなものがあって、そこに、初心者が読んでも分からないような、いい加減な説明が載っていました。

「言及リンク」というのも、そもそも単なる通称ですし、ライブドアは「参照リンク」といったりしてるようです。

「言及リンク」がなければ、送れないのに、(言及リンクなしで送ると、弾かれるだけです)、「言及リンク」についての肝心の説明がないのでは、初心者がトラックバックを使えなくて当然です。困ったものです。 だから、Googleなどで検索すると、トラックバックの解説ページがたくさん見つかるわけです。

もっとも、FC2ユーザー同士なら、トラックバックの送信は簡単にできるように設定されてはいます。 トラックバックを送りたい記事を見つけたら、大体のFC2ブログでは、記事の下に「トラックバックを送る」というところがあるので、この「トラックバックを送る」をクリックすると、記事の新規投稿画面にジャンプして、自動的に、言及リンクが作成されています。

でも、ときどきエラーが起きたり、他の会社のブログだと、そもそもエラーが起きてなくても、トラックバックの送信ができません。 ということは、他の会社のブログへトラックバックを送信する場合は、自分で「言及リンク」を作成する必要がありますが、HTMLのタグを使うことになるので、「言及リンク」の作成は、初心者には、やや面倒です。

もちろん、言及リンクなしでトラックバックブログを送信できるブログも多数あります。 その場合は、FC2のトラックバックについての説明を読むだけでOKです。 回線の調子がよければ、一瞬で相手のブログにトラックバックを送信できます。

トラックバックを使いこなす

コメントを送るよりも軽い感覚でトラックバックを送信してみればいいと思います。 「言及リンク」が必要な場合、「言及リンク」の作り方は、新規投稿画面の上にあるツールバーの「URL」とか鎖マークのアイコンとかそういうのを押すと、URLを入れるボックスが出てきますので、そこに、相手のブログの記事のURLを貼り付け(ペースト)します。 </A>の前に、適当な単語を入れれば、「言及リンク」の完成です。

別の言い方をすれば、単に相手の記事へのリンクを入れるだけで、「言及リンク」が作成されたことになります。 投稿前のプレビューで、記事の確認して、通常のトラックバックと同じようにすれば、どこのブログへもトラックバックを送れます。

ただし、最近は、トラックバックを受け付けない設定をしているブログも増えています。 その場合は、送れません。

新しいサイトSHOES STYLEについての記事をアップしました。

BLOG MENU

Page Top ↑
このページはトラックバックに関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog