森下仁丹

森下仁丹に関する記事です。

 
2008/05/18(日)
プロバイオティクスという言葉をご存知でしょうか。プロバイオティクスは、健康の維持に役立つ微生物、あるいはそれらを含む食品という意味です。プロバイオティクスの反対は、病原菌を排除するための抗生物質、アンチバイオティクスです。抗生物質そのものは、病院で活躍していますが、病気にはなっていない人には強力すぎます。腸内細菌まで減らしてしまいます。

プロバイオティクスは、抗生物質と発想が逆になります。細菌の力で健康になろう、という考えです。人間に住み着いている細菌群は、考えようによっては臓器の一種ともいえます。プロバイオティクスによって、この細菌を活性化させることができます。

プロバイオティクスでもっとも有名なのがビフィズス菌などの乳酸菌食品です。ビフィズス菌は腸の善玉菌と呼ばれ、健康維持に働いていますが、年齢とともに減少する傾向にあります。ビフィズス菌を補給してやればよいのですが、通常は、胃酸で腸まで届かなかったりします。

そこで、ビフィズス菌サプリメントを利用するという手があります。森下仁丹の人気健康食品「ビフィーナシリーズ」なら、胃酸に負けずに大腸まで届かせることができます。「ビフィーナ」には、ビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖も配合されているので、ビフィズス菌が住み着きやすい環境も整えてくれます。

森下仁丹といえば、あの銀色のつぶつぶのメーカーですが、ビフィズス菌の研究でも有名です。

胃酸に負けず腸まで届く!森下仁丹のカプセル技術

森下仁丹オンラインショップ

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
2008/01/24(木)
特定保健用食品(トクホ)ってご存知ですか。特定保健用食品(トクホ)というのは、国によって、身体への保健効果を認められた食品のことです。特定保健用食品(トクホ)のほかにも、栄養機能食品というものもあり、この二つをあわせて保健機能食品と呼ばれます。

特定保健用食品(トクホ)は、何十年か前の医薬品認定審査基準と同じ水準の厳しい試験・審査を受けているので、たとえば「コレステロールの吸収を抑える働きをします」という効能が、国によって認められている、ということです。

特定保健用食品(トクホ)の認定を受けた食品というのは、審査や試験が厳しいので、かなり少ないですが、森下仁丹の『仁丹のコレストールファイバー』がその例です。森下仁丹は、あの銀色のツブツブを作っているメーカーです。仁丹以外にも、ビフィズス菌やコレステロールなどの研究でも有名なメーカーです。

コレステロールが気になる方は、お試しになってみてはいかがでしょうか。

森下仁丹オンラインショップ

リンクシェア レビュー アフィリエイト
2007/10/24(水)
知人とファミレスでしゃべってるときに、森下仁丹のことを聞いてみました。
まさに世間一般の印象どおり「仁丹って、あの銀色のやつでしょ?」という答えが返ってきたので、「なんにも知らないんだな~」と笑ってあげました。ついでに、森下仁丹は、現在ではビフィズス菌研究で知られる企業になっているということも教えておきました。

ビフィズス菌は、腸の善玉菌の一種ですが、他の有用なホルモンなどろ同様に、年齢とともに減少していく傾向があるそうです。そこで、サプリなどで摂取したいところですが、胃酸に負けないように生きたままビフィズス菌を腸まで届けさせるのは難しい。森下仁丹は、仁丹製造で培った独自のダブルプロテクトカプセル技術で、生きたままビフィズス菌を腸まで届けさせることを可能にしました。ビフィーナSという製品がそれです。

森下仁丹オンラインショップ

創業から100年以上たった今、『ビフィーナシリーズ』は、森下仁丹のロングセラー人気商品となっています。毎日の快適な生活のために、ビフィーナSで善玉菌を増やしてみませんか。

詳しくはコチラ⇒生きたまま大腸まで届くビフィズス菌『ビフィーナ』

リンクシェア レビュー アフィリエイト

関連記事へのトラックバック////

BLOG MENU

Page Top ↑
このページは森下仁丹に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog