SEO対策

SEO対策に関する記事です。

 
2007/06/27(水)
SEOは、半分趣味・半分負けず嫌いでやっています。
この間、勝手に入ってきたSEO関連のメールマガジンを見ていたら、面白いことが書いてありました。

すこし前までは、リンクを貼ってもらうときに、ターゲットのキーワードでリンクしてもらう、というテクニックが有効でした。つまり、自分のサイトを「FC2ブログ」という単語で上位ヒットさせたいなら、<a href="自分のサイトのURL">FC2ブログ</a>というふうにリンクしてもらうのです。

面白いことに、「出口」で検索すると、Yahoo! Japanのサイトがトップに表示されます。その理由は、「出口はこちら」などという感じでYahoo! Japanにリンクしている人が多いためです。
SEOに熱心なサイトは、個人・企業を問わず、この方法を駆使しているわけです。たとえば、無料ツールの配布とか、無料テンプレートの配布とか。FC2さんも、それで頑張っています。

ところが、上述のメルマガによりますと、最近では、リンクの前後の言葉まで検索エンジンが読み取って評価に入れているらしいということです。となると、単に<a href="自分のサイトのURL">FC2ブログ</a>とやるだけでは、以前ほどの効果がなくなるかもしれません。

おすすめASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)比較・記事型アフィリエイトなら確実に報酬ゲット!
2007/03/25(日)

▼SEO対策とは


最近、SEO対策という言葉をよく見かけます。このSEO対策というのは、「サーチエンジン最適化」対策の略語です。英語の "Search Engine Optimization" の頭文字で”SEO”です。 SEO対策とは、一言で言えば、検索エンジンの検索結果表示ページの順位をアップさせる技術のことです。

例えば、最も簡単な方法としては、2ちゃんねるなどの大きな掲示板で宣伝をすれば、一時的に大量のアクセス数のゲットが可能です。あとで書こうと思いますが、FC2ブログの「ブログジャンキー」のような、"トラフィックエクスチェンジ"というサービスを上手く使う方法などもあります。

▼ブログのSEO対策


Webページの制作に関わるWebデザイナーなどにとっても、SEO対策は必須事項となっています。たとえば、ブログには、いろんなデザインのテンプレートがあります。FC2ブログにも、テンプレートは、FC2公式テンプレートから、個人製作の共有テンプレートまで、たくさん用意されています。テンプレートの作者の説明をよく見ると、「SEO対策済み」、と書かれているものがあります。

「SEO対策済み」、というのは、検索エンジンのロボットに好まれるようなデザインのブログである、ということです。
実際に、ブログのHTML(サイトを制作するための言語)を見てみますと、たしかに、「SEO対策済み」のブログテンプレートとそうでないブログテンプレートとを比較すると、SEO対策済みのブログテンプレートのほうが、明らかに、検索エンジンのロボットに読まれやすい書き方をしています。

テンプレート選びで大きな差ができる、と断言できます。
だから、結局のところ、ブログであっても、ホームページ制作同様のHTML/CSS(スタイルシート)のお勉強をせねばならないのです。

▼大手検索エンジンのロボット(クローラー)に好まれるページ


大手検索エンジンのGoogleやYahoo!などのロボット(クローラーともいいます)に好かれるようなサイトを作ることで、検索結果の上位表示を狙うことができます。これはSEO対策の基本技術です。SEO対策をしっかりやったとしても、即効的な効果はさほど見込めないかもしれませんが、記事が増えていくにつれ、SEO対策の効果はどんどん発揮されるようになっていきます。

したがって、大きくなったサイトを修正する手間を考えますと、サイト構築と同時に、SEO対策に関する勉強も、しっかりしておく必要があります。ホームページ制作同様のHTML/CSS(スタイルシート)のお勉強とは言っても、0から始められる初心者向けの本もたくさんありますので、難しくはないはずです(参考図書:『HTML スタイルシートの入門書』


Another HTMLというサイトがあります。ここで、自分のサイトのHTMLが文法的に正しいかどうか、100点満点で評価してくれます。ちなみに、このブログは、-40点くらいです。修正する前は-300点とかそんな値だったのを、なんとか-40点まで持って行きました。

検索エンジンさんも大変賢くなっているので、こうした文法チェックもページの評価に取り入れていると思います。


という次第で、無料で、パソコン初心者にもできるSEO対策はたくさんあります。

参考までに、私が今まで読んだ中で、初心者でも分かりやすいSEO対策の本を紹介しておきます。アフィリエイトのノウハウも紹介されているので、お得な本です。
『最強のSEO対策!』


▼検索エンジン対策の具体的概要


大手検索エンジンGoogleの場合、検索結果の表示順位を決定するための「サイト評価項目」は、聞くところによると、100以上もあるそうです。

もし本当に100あったとしても、全てにSEO対策の対応できるわけではありません。そこで、常識的に考えて、重要そうな点を10ほどに絞って、SEO対策を考えることにしてみます。

例えば、前にもお話した「被リンク数アップ」も、その一つです。トラックバックの活用、積極的な相互リンクの依頼などで、被リンクを増やしていきます。そういえば、以前トラックバックは被リンク対策にはならない、と書きましたが、かなり効果があるように感じます。

また、キーワードをうまく使っているか、という点もSEO対策として、重要な要素です(キーワードを上手く使う方法には、前にお話したキーワード出現率を考える以外にも、メタタグや、強調タグを上手く使った書き方がありますが、それについては、ホームページ作成スキルの範囲になりますので、後ほど説明したいと思います)。


▼SEO対策上の重要な要素


上の二つ以外には、順不同ですが、

発リンクの数

外のページへ向かって貼るリンクを発リンクと言っていますが、発リンク数は少ないほうが有利です。トップページにリンクだらけのページは、相互リンクの意味がありません。逆に検索エンジン対策用サイト(スパム)とみなされる可能性があります。外部のサイト向けのリンクは、できるだけ減らしますが、重要なページへのリンクは好評価されるとも言われます。

サイトに含まれるページの数

最低でも、10ページ以上あったほうがよいです。あと、1ページのテキストの量も、ある程度の長さは必要になると思われます。

広告の量

広告が多いと不利になります。最近、アフィリエイトを貼りまくったブログなどが、いっせいにペナルティを受けて、Googleの検索エンジン表示ページ(SERP)の下のほうへ送られたことが話題になりました。これは、Googleが人海戦術で掃除をしたからです。また、アマゾンリンクを張りまくったサイトが、最近Yahoo!で順位を大幅に落としたという話も聞きます。

サイト内部のリンクの整頓

サイトマップの作成なども、閲覧者への配慮も兼ねて、きちんとやっておいたほうがいいと思われます。
3クリック以内で、すべてのページに飛べるようにします。ブログは、月別アーカイブとか、最新の記事とかのプラグインが揃っていて、これをううまく使うと、効果的といわれます。サイト内部のリンクの整備を簡単にやってしまえるというのは、ブログがSEO対策に有利な点の一つです。

ロボット(クローラー)へ配慮したページのソース(HTMLなど)

前にも書きましたが、整頓されたソース、いろんなタグを使ったソース、レイアウトはスタイルシートで全て行う、フレームを使わない、テーブルもなるべく使わない、画像には代替テキストを入れる、etc

更新頻度

多いほうが有利らしいです。効果がないという人もいますが、Googleが時系列の要素を取り入れているのは明らかだから、関係あると思います。

サイトが有料スペースを使っているか、それとも無料スペースを使っているか

有料のほうが有利です。独自ドメインはそれだけで好評価だそうです。無料スペースのドメインは、ドメインごとに検索結果ページに表示できるURLが限定されるというドメイン・フィルターの影響を受けます。

現在は、独自ドメインは年間1000円程度で取得できると思います。レンタルサーバは、このブログの右サイドバーに紹介してある「ロリポップ」が格安で、広く利用されています。ロリポップとあわせてブログソフトウェアの「ムーバブル・タイプ(個人利用は無料)」を使うと、SEOに強いオリジナルのブログが作れます。

古いドメインのほうがよい

出来立てのサイトは、Googleの場合は、上位表示できないようになっているようです。3ヶ月~半年の期間を見ておくほうがよいと思われます。そこで、サイトを早めに準備しておいて、ゆっくり作成しておくという手もあります。GoogleもYahooも、できて半年未満のサイトは、あまり重視しないようです。


FC2ブログジャンキー



BLOG MENU

Page Top ↑
このページはSEO対策に関する記事です。
Mail:
copyright (c) 2013 nikki1diary.blog86.fc2.com All right reserved.
プロ野球中日ドラゴンズのファンblog